Wonderful World

オーストラリアで体験した暮らしのお話会やってます。あと人生のスパイス色々。2019年からジンバブエへ。

近頃のモヤモヤについて。

青年海外協力隊に合格。

結果は一ヶ月経ってやってきた。
第一希望はラオスを出していたのだけど
派遣先は、ジンバブエ。第二希望だったところ。

アフリカ大陸にある、ジンバブエ
派遣先は、ムタレという街。
首都のハラレから車で4時間。国の中では4番目に大きいところ。
その街の小学校教員養成学校で、グラフィックデザインが導入されるということで
デザインを教える。パソコンとかカメラとか。
ラオスだったら、工芸品を作ってるおばちゃん達に
デザイン指導やデザイン提供などをするはずだったんだけど。

いざ結果がきたら、アフリカ大陸のジンバブエ

ガーナに行った青年海外協力隊の人に聞いてみたり
セネガルに行ったことある人に聞いてみたり

ムタレという街を検索したりいろいろ調べてみた。
全然綺麗な景色が出てこない コンクリートばっかり
黒い人たちがたくさんいるのか。気性が荒いとかいうし
差別用語でコチーノ(豚)って叫ばれたりするんだ
あー怖い。
私は泣いてしまった。
「自分が第二希望出しておいて、なんで泣いてるんだろう、馬鹿か自分」と自分に呆れてしまった

不安要素を書き出してみるとこんな感じ。

治安が心配
教えたこともないのにデザインを教えられるだろうか
ていうか日本とデザインのソフト違うじゃん Adobeじゃない、新しいソフトの勉強しないと
導入されてるパソコンが私が使ってるMacじゃなくてWindowsだー
英語の勉強をストップしてしまった、そもそも英語に自信がない
中途半端な都会、自然が少ない
首都が遠い、私は孤独になるんじゃないだろうか
他の隊員はどれくらいいるだろうか(応募する前に見たけどラオスは他の隊員がたくさんいるのだ)
身体がめちゃでかいやつらに教える、おそらく年下だけど大人並みよなーでかいよなー
外人の男に弄ばれて傷つきたくない
強盗、強姦にあったらどうする
差別用語叫ばれたらどうしたらいい
馬鹿にされたらどうしよう
レストランがしょぼすぎる
電気と水道が不安定って じゃあネットも使えないじゃんー
ムタレでブログ書いとる人おらんなー 情報がない
帰国したらどうする

オーストラリア行く前の私も不安でいっぱいだった
調べて調べて調べて、人に聞いて聞いて聞いて。
それでも不安がゼロになることはない。
行くしかなかった。

今回のこの不安は何だ。
オーストラリアの経験すっ飛ばしてるなあ。
安心、安全なんてあるわけないのに。
自分で不安要素を作ってはそれでビビる、最悪なパターン


ビビる私と、そうでもない私がいる。

自分のやってきたソフトと違うなら、習得するだけ。
私はAdobeイラストレーターもかなり苦労したから、二

個目はもう少しスムーズにいくんじゃないかな
デザインの専門学校の先生の知り合いに聞いてみる
マニアックなソフトだが、ガイドブックも一冊だけ出てた
ジンバブエもオーストラリアと同じようにジャカランダが咲くらしい
ジンバブエからいける、ビクトリアフォールズは、めちゃくちゃでかくて壮大な滝
モザンビークが美しいとか
アフリカの楽器ムビラとか好き
一流のデザイナーではないし、一流のデザイナーになりたいわけでもない だったら自分の活躍
だったら自分の活躍出来るフィールドに出てみたらどうか
デザイン専門学校で教えるわけではなく、教員過程の一つにすぎない レベルとしてはそんなに高くない
電気と水道が不安定だったら、家でキャンドルをつけてギター弾けばいいよね
強盗はお金が欲しいわけだから、おとなしくお金を渡す
襲われそうになったら、逃げきれなければもう最悪コンドームを渡すのみ

別に今の生活が嫌なわけじゃない
また2年後三重県に戻ってきて

もう少し自分の感覚に聞いてみる。
ちょっと時間がかかる


最近の私は「できそうなこと」ばかり、やっている気がする
失敗が怖いのか?
そもそも何が失敗か?

「できそうにないように思うこと」になんでそんなビビるのか?
一度きりの人生だから、「できそうにないこと」を人の手を借りてでもやってみる方が
面白いんじゃないかな