Wonderful World

オーストラリアで体験した暮らしのお話会やってます。あと人生のスパイス色々。2019年からジンバブエへ。

楽しいことをしよう、お金はそのあと

 温泉とカフェを営む友達夫婦のパートナーが高熱ということで。

急遽お手伝いに。

車で1時間。

f:id:keikoria:20180722095431j:image
カフェ手伝い。

私が11時半過ぎに到着すると

キッチンでは、トマトチキンカレーができていた。

朝の準備が大変だったみたいで

奥さんの方が、「あーバタバタだったの。あーバタバタだったって言いたかったのー。」と言った。

なんかよくわからないけど私は

『バタバタだったと言えるだけで楽になるんだなー。そうなんだー。来て良かったな私』と思った。


f:id:keikoria:20180722095454j:image

 

温泉の入泉料もらったり

洗い物したり、味噌汁作ったり

料理運んだり 飲み物作ったり。

キッチンは一人なので、お待たせしてゴメンなさいっ謝ったり笑。

帰ってきた2歳の坊やと遊んだり。

 

ここでは、ちょうどアルバイトを募集してるらしく。

「働かない?」と言われる。

 

最近、欲しいものがあって(エレキとかプロジェクターとか電子機器!電子機器!)

働かないとなーと思っていた。

 

やりたいことはいろいろあるのだけど

自由にも少し飽きてきたので。でもなんかなーと思ってた。

(この日もバイトの面接が入ってたのだけど、友達の店で働く方を選んだ)

とにかくお金は少なくても楽しく働ける方を選んだほうがいい。

 

それはオーストラリアでも実感したことだ。

 

オーストラリアにいた時学校に行きながらバイトをしていた時

最初はAで働いてたんだけど、慣れてきたし時給高いほうがいいなと思ってBで働いた。時給上がって、部屋代も払えるし、金銭的には余裕ができたはずなのに、なんだか満たされなかった。

結局、上司との関係もうまくいかなくて(お互い嫌い同士の両想い)クビになったし笑。

 

A.店も遠いし、時給も安いのに楽しかった、ビーチの寿司屋。

しかも、まかない美味しくない。

韓国人の会社をインドネシア人店長がやってて

働いてる子たちはインドネシア、タイ、韓国とアジア系。

女の子たちは、お腹が空いたらアンハッピーで、お腹がいっぱいだとハッピーだって

いつもよく食べ笑顔で働いてたし、いい子たちだった。

お客さんもビーチが近いこともあって陽気で、水着できたり、犬連れてきたり

楽しい雰囲気で飽きなかった。でもよく料理でお客さんを待たせてたな。

 

B.店は近くて、時給もいいのに、合理主義の寿司屋。

まかないそこそこ美味しい。めっちゃ持って帰れる。

日本人経営の会社。店の回転率ばっかり言われてた。

よくできる風の日本人スタッフが多くて、

ちょっとおとなしい感じの人は居場所がない感じ。

お客さんは食べ散らかす人も多かった。

店の中で喧嘩もあった。

 

Aの店はバスで1hぐらいかけて通勤してて

人からは「遠っ!」ってびっくりされてたんだけど

休み時間は海で泳いだり、ビーチを望める綺麗な丘で寝転んだり。

 

Bで働いている時の私は、結構いろいろトラブルも多かった気がする。

しょうもない場所に自分の身をおいては、いけないんだと思う。

 

 

 そのあとはこちらへ寄り道して帰る


f:id:keikoria:20180722095440j:image

 

亡くなった佐藤初女さんの写真集が出たという

記念の写真展@岡田屋さん(三重県津市)へ来ました。
f:id:keikoria:20180722095426j:image

いい感じの展示空間です。

f:id:keikoria:20180722095435j:image

初女さんのおにぎり。やっと会えました。右側。
f:id:keikoria:20180722095446j:image

いつか、他の方がやってる

初女さん流のおにぎり講習会に行ってみたいなー