Wonderful World

オーストラリアで体験した多様性のある暮らしとか。人生を楽しむ色々とか。

空き家シネマ、始めます

私は、複数の仕事をしています。

 

今風の言葉で言うと、パラレルワークというやつです。

そんなにお洒落なものでも、儲かってるわけでもなく

一つの箇所に依存することなく、

なんとなく生きていける程度のお金を作り出しています。

そして飽きっぽい自分が飽きないように。

なるべくやりたいことはやらずに、やりたいことだけやれるようにやっています。

 

その中の一つ。

空き家を管理しています。

もともとは叔母の家ですが、

都会で働くキャリアウーマンの彼女は、いつかリタイアしたら住む予定で

地方の町、私の家の近くに、20年ほど前に家を建てました。

しかし病気になって、結局一度もその家に住むことなく他界。

 

そこの空き家を、人に住んでもらってもらったら一番儲かりますけど、

賃貸契約して、借主と大家っていうお金の関係ってそれ以上にならないというか。

なんかつまらないかなと。

 

儲からなくてもいいから、楽しく、豊かな使い方できないかしらというわけで

いろいろやってるんですよ。いろいろ。

 

最近ギター教室として使ってもらっています。

 

その空き家で、

映画の上映会をしたいなーと考えています。

 

名前が浮かんだ!

その名も「空き家シネマ」

f:id:keikoria:20180711163803j:image

わーめっちゃいいんじゃないかなこの名前!

 

なんでこの名前が浮かんだかというと、上映したい映画が3つあって

それらに共通してるのが

シンプルライフ、物を持たない豊かさ」なんです。

それらの映画の上映を空き家でやるっていうのが、バッチリじゃんーと思いまして。

 

この空き家も、元は、叔母のものがたくさんあって、

すっきりさせるまで、

本当に大変でした。本当に大変でした。本当に!

これ、きれいごとなしで、ほんまに憎しみさえ湧いてきます。遺品整理って。

でも、今すごいっすよ、究極にすっきりしてて、気持ちがいい。

 

上映したい映画はこの3つです。

「Simplife」

アメリカのタイニーハウスムーブメントのドキュメンタリー

simp.life

こちらは日本版タイニーハウスムーブメントとも言えるのかなー。

見たい!

「モバイルハウスのつくりかた」

mobilehouse-movie.com

そして「365日のシンプルライフ

へルシンキ在住・26歳のペトリは、彼女にフラれたことをきっかけに、モノで溢れ返った自分の部屋にウンザリする。
ここには自分の幸せがないと感じたペトリは、
自分の持ちモノ全てをリセットする”実験”を決意する。
ルールは4つ。

 

f:id:keikoria:20180711172400g:plain

 

www.365simple.net

 

うおー いいなー。

空き家で観るっていうのが、またいいじゃないですか。

 

小さく世界を変えていこう

 

プロジェクター、スクリーン、スピーカーがいるなあー

どれにしよー。