Wonderful World

オーストラリアで体験した多様性のある暮らしとか。人生を楽しむ色々とか。

その体験で何が変わりましたか?

f:id:keikoria:20180701154741j:plain

 

7/1 オーストラリアお話会 in 芦屋市民センター、終わりました。

来てくださった方からの質問。

 

「その体験で何が変わりましたか?」

 

Step out your comfortable zone.

「ぬるま湯を抜けよ。」の快感を、オーストラリアで知りました。

 

自分の決まりきった行動範囲を抜けると、

想像もできない素晴らしいギフトがやって来る。

これが確信に変わったということです。

 

f:id:keikoria:20170511074857j:plain

オーストラリアの先住民アボリジニーの経営するキャンプ場で、お手伝いした時のこと。

用意してもらった寝床(古いキャンプ用の車)が「汚すぎて無理」と思って、外で寝た私。

 

f:id:keikoria:20170513172322j:plain

外で寝た時、「夜というのはこんなにも暗いもので、月は大きく明るく、星はこんなにもたくさんある」ということに気づく。満天の星空を眺めながら寝る幸せよ。

明け方の4時、物音で起きると馬が草を食べに私の近くまで来ていた!

馬は、こんな音を立てて草を食べるんだなー わーって感動する。

 

f:id:keikoria:20170516151353j:plain

数日たって、まあ周りにも言われるわけです

「なんで中で寝ないんだ?」と。

しかも、私のためにわざわざこの部屋を使っていた子(麻薬中毒から立ち直り中)を追い出してるんです。

それなのになぜだと。

 

その寝床で、恐る恐る寝てみると

「屋根があって壁があるだけで、こんなにも快適で幸せなんだ」ということに気づく。

超しあわせ!!!って気分になった。

 

 そうか。「汚い」っていう感覚は外から持ち込んだものなんだなってことに気づく。

(写真は軽く掃除したあとで、わからないと思いますが、マジで汚いです。

中に蜂の巣たくさん、窓はぶっ壊れ、手品のナイフは刺さりまくってるわ、お菓子のゴミ、ほこり、DVD、大量の新品コンドーム、誰かの服がぐしゃぐしゃになったやつとか)

 

「汚い」「絶対無理」

そういうことを言って拒否していたら

こんなギフトを受け取ることはできなかっただろう。

 

「ちょっと無理かも」って思うことをやってみると

それが小さい成功体験になって、

2歩目がとても楽になる。

 

今回集まってくださった方たち、

いろんな質問してくださり、ありがとうございました。

 

「その体験で何が変わりましたか?」

これ、ずーっとお話会してて

今だから、答えられるのかもしれません。

 

グッとくる質問ありがとうございました。

 

終了後、かわいいアシスタントから

お手紙をもらった。

f:id:keikoria:20180701214522j:image

f:id:keikoria:20180701214526j:image

わたし年中小麦肌ですけど

いくらなんでも、、黒すぎやで。

Thank you!

f:id:keikoria:20180701155622j:plain

関西のみなさん、ありがとう。