Wonderful World

オーストラリアで体験した暮らしのお話会やってます。あと人生のスパイス色々。2019年からジンバブエへ。

各地でのオーストラリアお話会、終了しました

 

f:id:keikoria:20180119175358j:plain

 語学留学の傍、
「いろんな暮らし方を見たい」と思っていて
オーストラリアの様々な場所を訪ね、体験してきました。

1.豪で最も古い、パーマカルチャー理念に沿って作られエコビレッジ「クリスタルウォーターズ」の暮らし
2.先住民アボリジニーの家族が経営するキャンプ場でのワイルドな暮らし
3.生計を一つで大家族のように暮らすクリスチャン系のヒッピーのコミュニティーの暮らし

それぞれの暮らしは、どれも人々が幸せに暮らしていて
3つを体験したことで、違いが見えて、これからに活かせる気づきもたくさんありましたのでそれについて写真とともに話したいと思います。

 

 

すでに終了したお話会

12/4お話会 in 徳林寺(愛知県名古屋市

1/18 お話会 in ハラフワティ(愛知県名古屋市

2/21お話会  in Studio As  (三重県松阪市)

 3/31お話会 in カフェヴァンサンヌドゥ(愛知県名古屋市

4/1お話会 in 草源カフェノハル(静岡県榛原郡川根本町)

4/26 お話会 in ゆるりがもり(愛知県半田市

 5/28 長野県塩尻市 詳細はこちら

6/16 北海道札幌市 詳細はこちら 

7/1 兵庫県芦屋市 芦屋市民センター 304号室

8/24 新潟県上越市市民センター会議室

9/6 三重県津市(個人宅にてプライベートお話会)

 

 

 詳細お問い合わせ、参加申し込み、お話会の依頼は、こちらまで。

coke47*gmail.com

(*をアットマークに変えてください)

 

他にも色々やってます

↓ ↓ ↓

https://note.mu/hellokeiko/magazines
 

 

 

メディア出演

花咲かサムライ FMGIG 2018/01/28

 

 

 

 

 

おめでとうを言わない間に

忙しない年末の

「本年はお世話になりました」「よいお年を」

「来年もよろしくお願いします」を繰り返したら

年が明けて

「あけましておめでとう」「良い一年になりますように」がツラツラと繰り返される。

リアルもSNSも忙しい。

 

去年の大晦日

姪っ子と香港ディズニーランドに行った。
f:id:keikoria:20190101200101j:image
晦日になっても「メリークリスマス!」て言ってるぐらいの緩さが

ちょうど良かったな。

ミッキーは、広東語も英語も喋りよったし。

ダンサーの人種にも多様性があって、さすが香港!と思ったのでした

 

ただ、お正月、

血縁というだけで

いろんな価値観のぶつかり合いがあるから

さまざまな感情が噴き出してくるのは仕方ないこと。

そこから学ぶことも多いにある。

 

去年は、兄家族の価値観や、香港のギラギラ感にヤラれてしまったので

今年はそれらに触れずに静かに過ごせている。

 

おめでとうは、言わない。

その間に今年の鼻血リスト100個したためる。

鼻血リストというのは、

今年やりたいなー叶ったら鼻血もんやなーていうリスト。

 

今回は、それを2019の年末かのように

叶ったところをイメージして書いてみるという実験をしてみる。

f:id:keikoria:20190101195422j:image

誰にも見せないことが大切。

ニヤニヤしながら本日かきおえます。

 

周りに流されず

自分のペースでいこう

2019年も最高の年だったな (終了笑)

 

 

2018年振り返り。

【オーストラリアお話会で出会ったみなさんありがとうございました】

 

いつも年末年始感から逃げたくて、

旅行してることが多いのですが(このトリップ感がたまらなくいい!)
今年は早めの石垣&竹富島トリップ(めっちゃよかった!)を終わらせ、

2018年を振り返りました。

 

今年はオーストラリアのお話し会と称して
全国10か所で系70-80人の方の前で自分の体験してきた3つの暮らしのお話しをしました。

 

f:id:keikoria:20181231135334j:plain


お金を持たずに暮らすキリスト教のグループ、アボリジニーのワイルドな暮らし、環境に優しいシステム使って暮らす村。

f:id:keikoria:20181231142115j:plain



「豊かさとは何か?」この漠然とした問いの答えはまだ探し中ですが、
日本のいろんな小さな町から都市の10か所をまわることが、
私の日本での暮らし研究となっていったのでした。

f:id:keikoria:20181231142129j:plain

私の話を聞きに来てくださった各地のみなさん
お話し会の場を企画、貸してくださったみなさん
来れなくても応援してくれたみなさん
この場を借りて、本当にありがとうございました。
沢山のフィードバックもありがとうございました。

 

安心、安全な場所で言いたいことが言えるというのは、
私にとって、とても大切なものだと感じています。

 

来年からはジンバブエでの生活が始まるわけですが、
今の所、興味があるのは、昔からある、精霊とつながるスピリチャルな楽器ムビラ、あとは歌を歌いながら農業をする人々とか、途上国で生きる逞しさを肌で感じてきたいなーと思っています。

 

今度は”本”の形でまとめたいなーと今からぼんやり考えています。伝え下手なので、もっと伝わるように。

新しい希望の年の始まりに向けて

 

 

終了したお話会-------------------------------------------
1/18 お話会 in ハラフワティ(愛知県名古屋市
2/21お話会 in Studio As (三重県松阪市)
3/31お話会 in カフェヴァンサンヌドゥ(愛知県名古屋市
4/1お話会 in 草源カフェノハル(静岡県榛原郡川根本町)
4/26 お話会 in ゆるりがもり(愛知県半田市
5/28 長野県塩尻市 市民センター
6/16 北海道札幌市 フェアトレード雑貨&レストランみんたる
7/1 兵庫県芦屋市 芦屋市民センター 304号室
8/24 新潟県上越市市民センター会議室
9/6 三重県津市(個人宅にてプライベートお話会)
----------------------------------------------------------

石垣フード

 

f:id:keikoria:20181222232846j:image

八重山そば@明石食堂

ソーキソバより麺が細くて丸くて黄色い。

おいし。かまぼこものってる。


f:id:keikoria:20181222232903j:image

石垣牛の握り

絶品の刺身たち

f:id:keikoria:20181222232852j:image

もずくの天ぷら ウコン塩
f:id:keikoria:20181222232921j:image

さんぴん茶という名のジャスミンティ

沖縄で飲むと美味い。美味すぎる。

f:id:keikoria:20181223071052j:image

 

油みそおにぎり@ファミリーマート

おにぎらずの形のスパム、卵、みそ

コンビニのおにぎりなんて普段食べないのに

ためしたくなる不思議


f:id:keikoria:20181222232909j:image

定番タコライス@puffpuff

海見ながら最高のカフェめし

f:id:keikoria:20181222232858j:image

午後から売り出す刺身屋の魚フライ

フィッシュアンドチップス的な。

止まらない!!

 

居たい場所にいること 石垣島

 

「リラックスする」というのが

私にとっては難しい。

なので、強制的に自然に身をおいてみる。

石垣島へ。

f:id:keikoria:20181221145733j:plain

f:id:keikoria:20181221160106j:plain

f:id:keikoria:20181221155523j:plain

絶叫!きれいな海。

見たことない透明さ。

透明、水色から濃紺への完璧なグラデーション

 

f:id:keikoria:20181221155540j:plain

不調だった体調も復活!

なんで、ビーチサンダル持ってこなかったのか、めちゃくちゃ悔やまれる。

海水セラピーである。

f:id:keikoria:20181221162920j:plain

このあと

砂浜から
きらきらを目印に水晶を掘り出すのにはまる。

 

 

石垣移住者たちの話をいろいろ伺って。

居たい場所にいるって大事だなと思った。

 

彼女は何度も

「なんでみんなここに住まないんだろー」と言った。

9年前旅行で石垣に来て、住みたくなって移住した彼女。

美しい海を前にして、まるで初めて見るみたいに感動してた。

 

いつもやりたい仕事、会社、給料、親のしがらみで

土地を選んできたような気がする。

 

もしそんな制約がなくて、何を選んでもいいとしたらどうする?

 

仕事は二の次、居たい場所にいることで、なりたい自分になれるのかもしれない。

そして、そんな素直な自分が

居たいと思える人と居るのが心地いいのかもしれない

f:id:keikoria:20181222092022j:image

12月なのに真夏日。28度のアイス日和。

ダブルのアイスクリームって

なんでこんなに可愛いんだろう?

 

 

 

スパイス切れ。エジプト料理。

青年海外協力隊、70日の訓練生活もあと3日で終わり。

スパイス切れのため、

時々出る各国料理メニューが嬉しい。

 

エジプト料理コシャリ。

米とパスタとひよこ豆を混ぜたもの。

モロヘイヤチキンスープ

ライスプディング

炭水化物まみれ。美味しかったなー。

f:id:keikoria:20181127223205j:image

ベトナム フォー

f:id:keikoria:20181209205250j:image

休日に食べた、スリランカカレー
f:id:keikoria:20181209205254j:image

 

人生にはスパイスが必要だ

野口英世という人

f:id:keikoria:20181118135122j:image

Hideyo Noguchi museum in Fukushima pref.
His quote:Honesty is best policy.
Although patience is bitter, its fruits is sweet.

f:id:keikoria:20181118135039j:image


野口英世ミュージアム 猪苗代湖の近く、福島

f:id:keikoria:20181118135143j:imagef:id:keikoria:20181118135156j:image


忍耐。正直は最良の姿勢である。
忍耐は苦い。その果実は甘い。

 

f:id:keikoria:20181118135024j:image
野口英世
左手への大火傷をきっかけに、有名になった医学の研究者
ガーナで黄熱病の研究。

体だけでなく、心まで、医学で彼が救われたこと
2歳の大怪我から、

16になるまで小刀で切り離そうとしたほどの動かない左手との凄まじい葛藤、

将来への不安。
そういう側面を知り、泣けてきた。。


153cmの小柄な野口博士は、
目には見えない感染症
好奇心と情熱で、命がけで世界に羽ばたいた。